レーズン酵母でスペシャルなフルーツライ*

f0164555_5115452.jpg


  リフレッシュしてつないできた自家製レーズン酵母の最後の元種全部を使い切ってフルーツライというパンを焼きました。

  レシピは高橋雅子さんの『自家製酵母のパン教室』より

  粉はリスドォルとドイツ製のライ麦粉。このライ麦粉は上海のCityshopで購入したドイツ製のtype997という粉。

 お塩はゲラント。
f0164555_524816.jpg

 パリのラスパイユBIOマルシェで購入したピーカンナッツがまだ少し残っていたので、胡桃とあわせて低温でローストしました。

 そしてこのナッツ類と一ヶ月ほどラム酒に漬けたカレンズとあわせて生地に混ぜ込みます。

 
f0164555_5323368.jpg


 糖分にはラスパイユBIOマルシェのアカシアの蜂蜜を使いました。

 捏ねあげて一晩寝かせてゆっくりと発酵。

 そして朝子供達を9時に幼稚園に送り出した後にカット、ベンチ、成型。

 そして最終発酵を経て焼成☆

 こんなにぎっしりとナッツやフルーツが入ったパンは初めてなので焼き加減がよくわからなく、表面はとにかくこんがりカリッと焼けるよううちの電気オーブンでは少し長めに焼きました。

 
f0164555_5381079.jpg


 !!!!!

 食べてみてびっくり!これ、日本の地元のパン屋さんでよく買っていたあのパンにそっくりな味!
 
 美味しい!!!

 自画自賛!(笑)

 ビギナーズラック?それでもいい!うますぎ!

 あー自家製酵母って奥が深い。やめられない。

 酵母使い切っちゃったけどまた作りたいよう。
f0164555_542133.jpg


 これ、可愛いでしょ^^

 フェルトで作ったイチゴのケーキなの。

 上海でこのブログを通して知り合ったお友達のるっちょんから頂いちゃいました。

 るっちょんお手製のフェルトのケーキ☆なーんて可愛いの~!!

 ありがとうね~♪大切に飾らせてもらうよ!

 チクチクがお得意の彼女は上海でフェルトの講師も勤めていらっしゃるくらいの腕前です。しかもパン焼きもお上手。

 すごいわ。これって才能ね。ラッピングのセンスも素敵~!

 次回”fufushop”には是非彼女にも出品して欲しいです! ね、るっちょん♪

 

 
[PR]
by banira10138 | 2009-03-14 01:11 | 自家製酵母
<< ブレッチェン レーズン酵母でバケット >>